なってしまったグリーンネイルの治療方法

みなさん「グリーンネイル」という言葉はご存じでしょうか?

実はグリーンネイルとは「爪のカビ」のことなのですが、緑膿菌(りょくのうきん)という常在菌の一種であるカビが繁殖することによって起きるものとされています。

グリーンネイルになる要因は、湿度がある状態が続いていることとされており、爪をジェルネイルやスカルプネイルされている方がなりやすいと言われています。

では、グリーンネイルになった際の治療方法ですが、まずはつけ爪やネイルをされている方は使用を中止しましょう。この時、無理に自分で剥がしたりせず必ずプロの方にオフしてもらいましょう。

グリーンネイルの治療は基本的に皮膚科を受診し飲み薬を服用することなのですが、副作用が強いとされています。
塗り薬の場合ですが、これまで浸透力が弱く効果がほとんど無いとされてきていましたが、最近は技術が進歩したこともあり浸透力の高いグリーンネイルの薬も出てきました。「クリアネイルショット」や「Dr. G’s クリアネイル」が挙げられます。

また、軽度のグリーンネイルであればネイルをオフした後に爪やすりで緑になっている部分を削り除去するだけでも治るとされています。

ただし、グリーンネイルになった場合、しっかりと治療しなければ、シワシワの爪や波打った爪しか生えてこなくなってしまうこともあるとされています。

自己判断で軽度だと判断し誤った治療に至らないためにも、爪の異変を感じた際はネイルをオフし皮膚科の受診をお勧めします。

ネイルをオフしたら爪が緑色?!それまさかのカビなんです!

みなさん「グリーンネイル」という言葉はご存じでしょうか?

実はグリーンネイルとは「爪のカビ」のことを言うのです。
では、グリーンネイルについて詳しく説明させていただきたいと思います。

まず症状ですが、その名の通り爪が緑色に変色することを言います。爪全体というよりも爪の一部が緑色になることが一般的とされています。

そして、前述したように原因はカビなのですが、詳しくは緑膿菌(りょくのうきん)という常在菌の一種であるカビが繁殖することによって起きるものとされています。

では、どういった場合にグリーンネイルになってしまうのでしょうか?

実は「湿度がある状態が続いている」ことがグリーンネイルの原因とされています。
特に爪をジェルネイルやスカルプネイルされている方は注意が必要です。

と言うのは、ジェルネイルやスカルプネイルをした後、生え際からネイルがはがれて浮いてきます。その少し浮いたネイルと爪の間に水がたまると、湿度がある状態が続きます。

グリーンネイルの原因とされる「緑膿菌」にとって、湿度のある場所は増殖する絶好の環境なのです。その結果、爪が緑色に変色するのです。なので、ネイルを楽しんでいる方で水仕事をする方や手に汗をかきやすい方は要注意です。

ネイルを楽しむことはおしゃれの1つですが、決められた交換時期を守らなければこのような症状が起こる可能性があります。

グリーンネイルになると、しばらくはネイルを中止しなければならなくなります。後々困らないためにも、決められたネイルの使用期限を守りましょう。

また爪に違和感を感じた場合には、もったいないかもしれませんが早めにネイルをオフしましょう。

その際自分で無理にオフしてしまうと余計に爪が痛んでしまうので、プロの方にオフしてもらうことが重要です。

なってしまった爪水虫の治療方法

みなさん「爪水虫」という病気はご存知でしょうか?

一般的に「水虫」と言われる「足白癬」(あしはくせん)を長期間放置しておくと、皮膚から爪の中へ白癬菌が入りこみ発症するものとされています。

今回はその爪水虫の治療方法についてご説明したいと思います。
爪水虫の治療方法としては、「塗り薬」「飲み薬」「レーザー治療」の3点があります。

それぞれの違いですが、塗り薬は比較的症状が軽度の場合に使用されますが、爪の中まで薬は浸透しないのであまり効果が期待できません。

そして飲み薬ですが、実は日本で認められている爪水虫の薬は飲み薬のみなのです。つまり、爪水虫の治療方法は飲み薬が主だということになります。
飲み薬にも大きく分けて2つの方法があり、「毎日薬を飲む方法」と「1週間服用して3週間休む方法」があります。

「毎日薬を飲む方法」は、1日1回食後に服用し、爪の状態を見つつ最終的にいつまで服用するか決めます。

「1週間服用して3週間休む方法」は、1日2回食後に服用し、6ヵ月後に爪の状態をします。

最後にレーザー治療ですが、レーザー治療は欧米では認可されているのですが、日本では認められておらず保険がきかない治療です。

治療内容は、レーザーで爪の中の白癬菌を蒸散させるもので、レーザーを爪1本につき5分から10分程照射します。頻度は1~2ヵ月に1回で、5~6回が目安です。

レーザー治療を勧める方としては、飲み薬による副作用が不安な方や他の薬を飲んでいて併用できない、定期的な血液検査が困難な方です。

爪水虫の状態や体の状態によって3つの治療方法をご紹介しましたが、何よりも自己判断での治療をせず、爪水虫を疑う場合は専門家の受診をお勧めします。

日頃からの爪チェックで爪水虫を予防しませんか?

みなさん「爪水虫」という病気をご存知でしょうか?

爪水虫の原因は、一般的に「水虫」と言われる「足白癬」(あしはくせん)を長期間放置しておくことで皮膚から爪の中へ白癬菌が入りこみ発症するとされています。

この爪水虫が大変な点は周囲の人に移してしまうことです。
爪水虫はかゆみや痛みがないため放置してしまい、一緒に暮らす人にうつしてしまう可能性が非常に高い病気なのです。

水虫の原因である白癬菌はバスマットやスリッパなどの湿っていて暖かい場所を介して繁殖してしまいます。
爪水虫を発症したら、一緒に暮らす人と物を共有するのをやめることが重要なのですが、そもそも爪水虫の症状はどういったものか知らなければ爪水虫を疑うことができません。

今回は爪水虫の自覚症状を簡単にご説明したいと思います。

「爪が分厚くなり濁っている」
本来の爪よりも爪水虫になってしまうと爪が厚くなってしまいます。また、濁っているのも爪水虫の特徴です。

「爪の周囲に炎症がある」
白癬菌の感染が進むと痛みが起こる時があります。これは爪のまわりが炎症しているためで、靴などを履く時に痛みを感じます。

「爪の表面がボロボロになり筋が見える」
爪水虫になってしまうと爪の表面がボロボロになってくるのも特徴です。そして、爪の表面に筋ができます。正常な爪には筋がでないので、筋が見えた時は爪水虫を疑う方が良いかもしれません。

これらが爪水虫の症状なのですが、日頃から爪を見ておかばければ気付きにくいことが特徴だと分かります。
一緒に暮らす人に迷惑をかけないためにも自分の爪をチェックする習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

爪水虫の飲み薬の個人輸入の危険性について

爪水虫にかかってしまい皮膚科を受診すると、重度の爪水虫の場合内服薬の処方がなされることがあります。

ただし、この爪水虫用の内服薬を服用する際は、必ず血液検査を定期的に受けなければなりませんし、処方するにあたっても内服薬の処方が適切なのかどうかの検査も必要となります。

内服薬の場合、外用薬よりも効果はあるのですが、その薬の作用は爪水虫に感染した部位のみに作用するわけではないのです。

つまり、この爪水虫の内服薬の使用は効果もあるのですが、副作用もあるということです。内臓器官、とくに肝機能障害を持った人や、妊娠中の人にはこの薬の服用は危険です。

個人輸入で爪水虫の内服薬を購入することも可能ではあるのですが、このようなリスクをはらんでいることを知っておく必要があります。

確かに、病院へ治療に定期的に通う時間もない方にとっては、個人輸入の代行業者を通して内服薬を通信販売で入手することは便利な一面はあると言えますが、水虫治療の内服薬の副作用のことを考える必要があります。

爪水虫は治療することができたとしても、内臓器官に障害をきたしてしまった場合さらに大変な事態になりかねないからです。

服用開始する時点で健康上の問題がなにもなかったとしても、内服薬の服用方法もパルス療法を始めとして様々な方法がありますから、そこも含めて個人での服用の可否の判断をするのは難しいと言えるでしょう。

健康保険が適応される爪水虫用の外用薬も近年処方されるようになっていますし、爪水虫は内服薬でなければ治療できないという考えにとらわれる必要はないとも言えます。