日頃からの爪チェックで爪水虫を予防しませんか?

みなさん「爪水虫」という病気をご存知でしょうか?

爪水虫の原因は、一般的に「水虫」と言われる「足白癬」(あしはくせん)を長期間放置しておくことで皮膚から爪の中へ白癬菌が入りこみ発症するとされています。

この爪水虫が大変な点は周囲の人に移してしまうことです。
爪水虫はかゆみや痛みがないため放置してしまい、一緒に暮らす人にうつしてしまう可能性が非常に高い病気なのです。

水虫の原因である白癬菌はバスマットやスリッパなどの湿っていて暖かい場所を介して繁殖してしまいます。
爪水虫を発症したら、一緒に暮らす人と物を共有するのをやめることが重要なのですが、そもそも爪水虫の症状はどういったものか知らなければ爪水虫を疑うことができません。

今回は爪水虫の自覚症状を簡単にご説明したいと思います。

「爪が分厚くなり濁っている」
本来の爪よりも爪水虫になってしまうと爪が厚くなってしまいます。また、濁っているのも爪水虫の特徴です。

「爪の周囲に炎症がある」
白癬菌の感染が進むと痛みが起こる時があります。これは爪のまわりが炎症しているためで、靴などを履く時に痛みを感じます。

「爪の表面がボロボロになり筋が見える」
爪水虫になってしまうと爪の表面がボロボロになってくるのも特徴です。そして、爪の表面に筋ができます。正常な爪には筋がでないので、筋が見えた時は爪水虫を疑う方が良いかもしれません。

これらが爪水虫の症状なのですが、日頃から爪を見ておかばければ気付きにくいことが特徴だと分かります。
一緒に暮らす人に迷惑をかけないためにも自分の爪をチェックする習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です