なってしまったグリーンネイルの治療方法

みなさん「グリーンネイル」という言葉はご存じでしょうか?

実はグリーンネイルとは「爪のカビ」のことなのですが、緑膿菌(りょくのうきん)という常在菌の一種であるカビが繁殖することによって起きるものとされています。

グリーンネイルになる要因は、湿度がある状態が続いていることとされており、爪をジェルネイルやスカルプネイルされている方がなりやすいと言われています。

では、グリーンネイルになった際の治療方法ですが、まずはつけ爪やネイルをされている方は使用を中止しましょう。この時、無理に自分で剥がしたりせず必ずプロの方にオフしてもらいましょう。

グリーンネイルの治療は基本的に皮膚科を受診し飲み薬を服用することなのですが、副作用が強いとされています。
塗り薬の場合ですが、これまで浸透力が弱く効果がほとんど無いとされてきていましたが、最近は技術が進歩したこともあり浸透力の高いグリーンネイルの薬も出てきました。「クリアネイルショット」や「Dr. G’s クリアネイル」が挙げられます。

また、軽度のグリーンネイルであればネイルをオフした後に爪やすりで緑になっている部分を削り除去するだけでも治るとされています。

ただし、グリーンネイルになった場合、しっかりと治療しなければ、シワシワの爪や波打った爪しか生えてこなくなってしまうこともあるとされています。

自己判断で軽度だと判断し誤った治療に至らないためにも、爪の異変を感じた際はネイルをオフし皮膚科の受診をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です